Wscript.createobject(internetexplorer.application)ダウンロードファイル

Sub ダウンロードフォルダのエクセルファイルを選択する() Dim Path As String Path = CreateObject("Wscript.Shell").SpecialFolders("MyDocuments") & "\..\Downloads\" ChDir Path Dim myFile As Variant myFile = Application.GetOpenFilename("エクセルファイル(*.xlsx),*.xlsx") If VarType(myFile) = vbBoolean Then MsgBox

InternetExplorer.Application の利用 スクリプトからファイル選択ダイアログを開く方法は、XP を除く OS では正式に用意されていません。 ですから、完全なコントロールはできませんが、InternetExplorer.Application を使用するとなんとか使う事ができます Amazonのアフィリエイトプログラムを使っている方ならわかってもらえると思いますが、Amazonアソシエイトページのレポート画面ってすっっっっっごく使いづらいですよね。ページが重いのは良いんです。Webページだけでは成果レポートが100件

BFup Pro ActiveX の機能をActiveXコントロールコンテナ環境に追加することで高度なアプリケーション開発ソリューションを提供します。 ここでは、それぞれの ファイルの選択, アップロードするファイルやダウンロードする保存ファイル名をダイアログから選択できます。 BFup Pro ActiveXコントロールは、Microsoft Internet Explorer 9 以上で動作します。 スクリプトの記述には、Microsoft Visual Basic Scripting Edition (VBScript) と Microsoft の ECMAScript 言語であるJScriptの 2 つの言語のいずれかを使います。

2020/06/12 2007/07/26 エクセルVBAのInternetExplorerオブジェクトのApplicationプロパティについて解説しています。Applicationプロパティはアプリケーションオートメーションオブジェクトにアクセス可能な場合にそのオートメーションオブジェクトを返します。 InternetExplorer操作 ここではJScriptでInternet Explorer(IE)の操作をする方法について紹介します。皆さんも恐らくはお待ちかねのコーナーだと思います。Internet Explorer(IE)の起動や、終了、ホームページ内のボタンを操作したりと、自動化が出来ます。 どちらにしろ、InternetExplorer.Applicationオブジェクトでダウンロードダイアログを直接操作するようなメソッドは用意されていないので、API等を駆使して頑張るしかなさそうです。 または、CSVのURLを直接指定してDLするようなプログラムを フォーカス(アクティブ)の問題とか、一般にファイルの種類は指定できないので不完全ではありますが、自分でアプリケーションを作成せずに利用する事ができます。 元々、ファイルのアップロードのみに使われるものですからそのような目的でしか利用する事はできません( ファイルの保存用 [mixi]Windows Script VBSでWeb上のファイルをダウンロード VBSでhttpを使用し、Web上のファイルをダウンロードしたいのですが、うまくいきません。 環境はWindows 2003Server SP2です。 何か方法はないでしょうか?

2014/08/23

2008/11/17 前提・実現したいことACCESSから既存のEXCELファイルを操作しようとしています。既存のEXCELファイルなので、GetObjectからファイルを取得して、編集しようとしましたが、うまくいきません。試しにCreateObjectからも色々試したのですが、よくわからなくなってしまいまし 2020/04/20 2016/09/01 2016/10/14

ただし、InternetExplorerオブジェクトはバグのため、この方法ではイベントを宣言することはできませんので、WScriptオブジェクトのCreateObjectメソッドを用いることになります。(第二引数にプレフィックスを指定)